大学生のショウタ

ツイッターもしているのでぜひ→@xG08avhmfoPgQQG

自分と親友との「ちょっとだけエピソード」話してみました。皆さんは直感信じますか?

 こんにちは、ショウタです。自分もいよいよ夏休みの終わりを迎えてきて、寂しいなーって毎日感じてます。なんか2022年に入ってから気づけばもう6月か、7月か、もう9月か、、、みたいなことばっかり思っています。こんな感じで気づいたら年末になってるんでしょうね笑。

 

 今日は最近ちょっとあったエピソードについて話しますね。自分の家の近くはちょっと住宅街でアパートとかが多いんですが、少し遠くにタワマンが見えるんですね。友達と話していたのが、友達にあそこのタワマンに1年以内に住むみたいなことを言ったんですね。普通だったら絶対無理と言うし、思うかもしれません。でも友達は、無理だと思っていたかもしれませんが否定せず「出来る」と言ってくれました。その友達は大学で出会ったんですが今では1番時間を共にしている親友です。

 自分的には見た瞬間にこいつは仲良くなれると思いました。自分は直感を第一に信じる方で、これだと思ったら全ベットするくらいの考え方でそれは人にも言えることで、この人だと思ったら信頼します。でも直感を信じすぎるとよくないこともあります。それはビジネスしていくうえでは必須で損益にかかわってきますよね、なので分析します。直感→分析、頭の中ではこんな感じの流れができています。直感で自分が目に付けたものにはとことん分析して確信に変わるまで分析して考え続けることが習慣になってしまいました。

 少し踏み込んだ話をしますが、今まで自分には出来ないと思った仕事とか業務はないんですよね。さすがに命がけとかの仕事とかは抜きにして笑。それも自分には出来るという直感とどうすれば不可能→可能に変えれるかという分析を必ずします。これが結果的に習得が早くなったり、効率よくなる要素になると思っています。そうです、結果を求めるのが第一ではなくて結果を出す確率を高める行動を実行するのが第一です。これはスポーツをしてきた人などは特に経験してきたんじゃないでしょうか。結果を出す確率を高める行動が練習ですよね。技術を身に付けることで試合が終われば結果を残していた、みたいなことが良くあったと思います。自分は勉強は全然できませんが、頭の使い方は上手い自信があります。まだまだ頭をフル回転させて、このような自慢みたいな言動を納得させるために結果を出すのでぜひ楽しみにしてください。

 すいません、話がだいぶん遠回りしてしまいました。友達とのエピソードがメインのはずだったんですが笑。この友達には自分の会社で働いてもらうと話しました、そしてそれを絶対的なものとして自分にも誓いました。友達と仕事をするのは失敗するみたいによく言われますが、本当に心の底の部分で信頼をしているのか聞くたびに疑問になります。本当にその人のことを知っているのか、その人と何かあった時に簡単に別れない覚悟がお互いにあるかくらいの信頼関係を築けていれば全く問題ないと思います。失敗するという先入観ばかりに囚われていてはやれることは減ります。自分が成功例を作ってみせる気持ちが湧いてきませんか?友達と結果を残そうとする楽しみ、ワクワクが湧いてきませんか?

 自分の友達は見てきた中でもトップクラスにスペックがあって俗にいう仕事がめちゃくちゃ出来る人です。おそらく普通に就職したら活躍して結果を残す能力が間違いなくあります。惹かれた理由を他に一つだけ挙げますね笑。自分と思考や考え方がめちゃくちゃ似ているところです。話している時に同時に同じワードを言うことが頻繁にありますし、お金を稼ぎたい野心もあります。本当に話したいことはたくさんありますが、長くなるのでツイッタ―のスペースで話そうと思います笑。実を言うとあと1人信頼を置いていて、同様に一緒に仕事をすることを約束している人がいるのでその人についてもまた話そうかなと思います笑。

 

 今回はなんか自分のちょっとしたエピソードについて話しました。親友についてもそうですがまだまだ話すことは山ほどあるので、ぜひスペースなどで話すので聞いてください。よし、これでまたモチベが上がりました。自分には本当に恩返しをしたい人がたくさんいるので、まだまだ頑張ります。改めて言いますが、応援よろしくお願いしますっっっ!